子連れでラーメンを楽しめる!2種類の豚骨ラーメンが人気「博多 一風堂 豊洲フォレシア店」

 

ここのところ、毎週のように行っている豊洲。

話題の豊洲新市場にも行ってみたけれど、週末は人が多くてとてもじゃないけれど食事するには至らず。。。

もう少し落ち着いて、市場内も整備されてから再度行ってみるつもり。

 

さてこの日はららぽーとへ行く前に、豊洲内では意外と人も少なめで穴場なこちらでランチ。

「豊洲フォレシア」

20店舗ほどのショップ&レストランが入ったオフィスビル。

美味しいカジュアルフレンチビストロのお店「石川亭」も入っていたり、和洋中と揃っていて何より人が多過ぎないのが魅力。

 

 

相変わらずラーメン熱がおさまらない旦那くんの要望でこちらへ。

 

「博多 一風堂 豊洲フォレシア店」

言わずと知れた博多発祥の豚骨ラーメンの人気チェーン店。

HPがどこぞやのアパレルブランドか?というようなおしゃれな作りでちとビビるw

週末の12時過ぎ、ほぼ待たずに入店。

 

 

【メニュー①】

ひとくち餃子やご飯類。

 

 

【メニュー②】

ベーシックな豚骨ラーメン「白丸」に赤丸辛味噌5種類の唐辛子にヤンニンジャン、豆板醤などを加えごま油で風味をプラスした「赤丸」

 

 

【メニュー③】

創業当時から変わらない滑らかな味わいの豚骨ラーメン。

 

 

【メニュー④】

博多絹ごしとんこつをベースに、豆板醤や甜麺醤などを独自に配合した肉味噌をトッピングし、山椒などのスパイスを効かせた自家製ラー油が全体をピリリとまとめあげている「からか麺」

 

 

【メニュー⑤】

ミニサイズのキッズ用ラーメンもあり。

 

 

せっかくなので娘っ子も。

「お子さまラーメンセット @590(税込)」

ミニサイズの白丸にご飯、ゼリーがセット。

少食の娘っ子もちゅるちゅるとよく食べた!

 

 

「博多一口餃子 @420(税込)」

本当に可愛い一口サイズで、取り立てて特徴はないんだけれどぱくりと食べやすい。

 

 

一風堂は人生で2度目?の私はベーシックにこちら。

「玉子入り白丸 @890(税込)」

定番の白丸に半熟塩玉子をプラスしたもの。

 

 

まずはスープ、獣臭がしちゃうようなこってり豚骨ラーメンは苦手な自分でも美味しいと感じる、コクがあるのにシルキーな口当たりでしつこくない。

茹で具合硬めでお願いした細めのストレート麺がベストマッチ。

 

 

卓上に置かれたトッピング類で味変させるもまた良し。

ピリ辛なもやしや高菜、豚骨ラーメンには欠かせない紅しょうが。

 

 

紅しょうが好きとしては入れずにはいられない!

しょうがのすっきりとした辛さが全体を引き締めて、また食欲に拍車をかける。

 

 

お次はもやしや高菜も。

最後の方はスープの色が最初とは全然違う色にw

 

 

半熟具合が絶妙な玉子。

最近、自宅で煮卵作りにハマっているので塩味も今度試してみよっと。

 

 

旦那くんは辛味噌が入った赤丸に。

「玉子入り赤丸 @950(税込)」

こってり濃厚さが増し、食べる部分で味わいがガラッと変わるのもまた楽しい。

 

 

「明太子ごはん @300(税込)」

ラーメンにはやっぱりご飯も欠かせない。

明太子と白米の組み合わせって罪よね。。。

 

 

普段私はあまりラーメンに興味があまりないし、子連れだとどうしても敬遠しちゃうのだけど、こうしてたまに食べると結構美味しいかも。

ここの店舗は場所柄子連れ客も多く、片側ソファーシートの席もありそういう点でも連れて来やすい。

これから段々と寒くなってくるので、温かいラーメンが恋しくなったらまた来よう!

 

 

 

◆「博多 一風堂 豊洲フォレシア店」

・HP:http://www.ippudo.com

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131307/13172092/

・住所:東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F

(最寄駅:東京メトロ有楽町線「豊洲」駅1C出口より徒歩5分)

・電話番号:03-5534-8158

・営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)

・定休日:不定休

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です