伊香保温泉旅行②(昼食編)渋め老舗旅館で食べる石段うどん

 

伊香保温泉旅行記の続きです。

朝10時に上野を出発して、12時には群馬県渋川駅に到着。

まずは宿泊予定のホテルに行くため、駅から伊香保温泉行のバスに30分ほど揺られ終点まで乗車。

どうやら新宿から高速バスで渋川行も出ているようで、地元バスの1日乗車券を買って途中下車をしながら、牧場や美術館に立ち寄って楽しんでいる人も多くいました。

 

まずはホテルでチェックインを済ませ、近くのロープウェイに乗ったり、石段街をぷらぷらお散歩。

IMG_4006

温泉街とはいえ、あまり活気ある雰囲気ではなくやや寂れた感ある街並み。

 

この辺りで有名なものといえば「水沢うどん」が名物なので、遅めのお昼を食べようと思ったところ、営業時間が終わってるお店も多く食べれるお店も少なめ。。。

そんな中目についたのがこちらの看板。

IMG_4004

「水沢うどん」ではなく、「石段うどん」の文字が。

「青山旅館」というところがランチ営業をしている模様。

 

 

かな~り味のある旅館で、お出迎えに現れたおじさんが太鼓を打ち鳴らし地下1階のお座敷へ。

IMG_3992

畳敷きの大広間には、座敷席とテーブル席がずらっと並んでいました。

 

 

メニューはうどんが5種類ほど。

IMG_3998

「石段もりうどん @700」

いたって普通の喉ごし良いうどん。つゆは結構甘め。

300gあるとのことだけどもの足りない量。

 

 

さすがにうどんだけでは味気ないので、メニューに唯一ある天ぷらを。

IMG_3997

「舞茸の天ぷら @500」

うん!これは揚げたてサクサク、舞茸がもっちりと厚みがあって美味しい!

 

 

旦那くんは鍋うどんに。

IMG_3995

「上州もち豚鍋うどん @1,200」

煮込む前の状態で運ばれ、目の前のガスコンロでぐつぐつ煮えるのを待ちます。

 

 

強火で煮込み、弱火にすること3分。煮込み完了~!

IMG_4002

地元の野菜やきのこ、名物上州もち豚がたっぷり入り具沢山。

味はなかなかだけど、煮込むことでせっかくのうどんがふにゃふにゃ食感になってしまいやや残念。

 

 

以前草津温泉に行った際に食べた水沢うどんと舞茸の天ぷらがとっても美味しかったのでここでも期待してしまったのだけど、ちょっと今ひとつだったのが正直なところかな。

ま、これも旅の醍醐味ということでw

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »