表面こんがり中とろ〜り滑らかで中毒性あり!「バスクチーズケーキ」


昨年あたりに流行ったバスクチーズケーキ。

ローソンで販売されているものしか食べたことがなく、以前一度別レシピで作ってみたけれどその正解がわからずこんなものなのかな??のままでいました。

今回小嶋ルミシェフのレシピでチャレンジしてみたらかなり美味しくてびっくり!

家族にも好評で普段あまりケーキは食べない娘も、パクパク食べていたから間違いない味w


【材料】直径15cm丸型1台分

・クリームチーズ2種類(キリやフィラデルフィアなど)・・・各110gずつ

・グラニュー糖・・・100g

・全卵・・・150g

・卵黄・・・10g

・生クリーム(45%)・・・170g

・レモン汁・・・3g

・薄力粉・・・8g

・コーンスターチ・・・4g

 

【作り方】

(下準備)

・型にクッキングペーパーをくしゅくしゅと敷き込んでおく。

・クリームチーズをレンジにかけ30℃程度にしておく。

・全卵と卵黄は混ぜ合わせ、常温にしておく。

・薄力粉とコーンスターチは合わせてふるっておく。

・オーブンは250℃に予熱しておく。


1.適温にしたクリームチーズをボウルに入れ、ゴムベラで混ぜグラニュー糖を加えてからホイッパーで滑らかになるまで更に混ぜ合わせる。


2.全卵と卵黄を2〜3回に分けて加え、滑らかになるまで混ぜる。


3.生クリーム(冷蔵庫出したて)を加え混ぜる。


4.レモン汁を加え混ぜ、生地の一部を別のボウルに取り分けそこへ薄力粉とコーンスターチを加えてよく混ぜる。


5.4の生地を全体のボウルに戻しよく混ぜ、型に流して240℃で10分、230℃に落として12分程度焼成する。


6.上面に焦げ目がしっかりとつき、オーブンの中で生地が少し揺れる程度になっていたらオーブンから出す。


7.熱が冷めたら型ごとラップをし、冷蔵庫で一晩しっかりと冷やし休ませて完成!


中とろりと滑らかな食感で、クリーミーでいてコクがあってとっても美味しいのでまたすぐに作ること間違いなし!

 

2 件のコメント

  • うわー
    またまた美味しそうなケーキを作られましたね(^^)
    バスクチーズケーキ、まだ食べたことないんですよ。
    食べた友達からはとても美味しいと聞いてますが、食べる機会に恵まれず。

    こうやって作る過程を画像で見ると、食べたくなります笑
    少し焦げたところがバスクチーズケーキの特徴ですが、そこがまたイイですね。
    私も作ってみようかなぁ。

    • >さくらママさま
      ありがとうございます〜☆
      私も本場のバスクチーズケーキなるものは食べたことがないので、よくわからないのですが^^;
      これはとっても簡単で美味しかったので、ぜひおすすめです!

      表面の焦げがやはりポイントらしく、前回作った時はお見せできないくらい焦がしましたw
      中のとろんと滑らかな食感との対比がクセになりますよ(^-^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。