上野で人気のコッペパンを食べ比べ「iacoupé (イアコッペ)」



「上野動物園」に行く前にだいたい立ち寄るのが駅前にある「上野の森さくらテラス」


シャンシャンに会いに行った時も、まずはこちらへ立ち寄り。

飲食店も入っているし、エレベーターで上野公園に上がれるので便利。

ただしお目当ては3Fに入っているパン屋さん。




「iacoupé (イアコッペ)」

(前回訪問記事はこちら→① )

西日暮里にある人気パン屋「BOULANGERIE ianak!(イアナック)」が展開するコッペパン専門店。




平日の朝10時半頃、お客さんは誰もおらず店の前はややひっそりとした雰囲気。

10時の開店時間から1時間と経っていないけれど、ショーケース内にはほぼ全種類が揃っている模様。




店頭脇に置いてあるボードに書かれたメニュー。

この日は5月最終日だったので、6月はどれくらいメニューの入れ替えがあるのかしら?




【今月のおすすめ】

商品が無くなり次第閉店となってしまうようなので、絶対にゲットしたい場合はお昼頃までには来た方が良いかも。




本当はどれもこれも食べてみたいところだけれど、今回はこの4種に厳選。

スイーツ系2種と惣菜系2種。




購入翌日までの賞味期限ということで、翌日の朝食にいただきました!

パン生地的には冷蔵NGだろうけれど、生物もあるので一晩冷蔵保管。




「アスパラサーモンクリームチーズ @320(税抜)」

5月のおすすめにもなっていたサーモンとアスパラを、クリームチーズでまとめた一品。




(カット断面)

ブリオッシュ生地にたっぷり塗られたクリームチーズがまろやかで、サーモンとしゃくしゃくのアスパラをバランス良く一体化させている。




「タラモ @250(税抜)」

こちらも5月のおすすめメニューにあった惣菜系。




(カット断面)

思いのほかボリューミーに詰まったピンクが綺麗なタラモ。

冷蔵してもしっとりとした口当たりの白パン生地と、たらこの風味が活きたポテト、食感のアクセントとして抜群の存在感を放っていたいんげんのバランスが見事。




「ピスタチオ @280(税抜)」

最近は行くと必ず買ってしまう定番人気商品。




(カット断面)

ブラックカカオ生地のパンの間にはナッティーなピスタチオクリーム。

ほのかにほろ苦い生地とコクのあるクリームがとても合う!




「ピーナツ @200(税抜)」

ピーナッツコッペパンが大好きな自分としては外せない一品。




(カット断面)

お気に入りの「吉田パン」のピーナッツとはまた違い、こちらの方がピーナッツの粒が細かくクリームが軽い。


 

朝から4種類も(カットして家族で分け分け)美味しいコッペパンを食べられて、エネルギーチャージばっちり出来ました!

6月のおすすめメニューも気になるし、また上野に行った際には立ち寄ってみようっと♪




◆「iacoupé (イアコッペ)」

・HP:http://www.iacoupe.com

・食べログ:https://s.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13168047/

・住所:東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 3F

 (最寄り駅:JR線「上野」駅不忍口よりすぐ)

・電話番号:03-5812-4880

・営業時間:10:00~19:00  ※無くなり次第閉店。

・定休日:無休


イアコッペパン / 京成上野駅上野駅上野御徒町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な食いしん坊女子(?)です。 食べるのはもちろん、上手ではないですが料理やパン・お菓子作りも研究中です。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。