新年を祝う楽しい伝統フランス菓子「ガレットデロワ」



今日は1月6日ということで「ガレット・デ・ロア」を焼きました❣️

「ガレット・デ・ロア」とは1月6日の「公現祭」を祝って食べる伝統的なフランス菓子です。

このケーキにフェーブという小さい陶器の人形を入れて焼き、食べる時に当たった人が王様・王女様になれ皆から祝福されるというフランスでは新年を祝うのに欠かせないお菓子。

折りパイから作るガッツがないので、ここは冷凍パイシートを使って簡単に!



【材料】18cm1台分

・冷凍パイシート・・・4枚(18cm×10cm)


(クレームダマンド)

・無塩バター・・・55g

・粉糖・・・55g

・全卵・・・55g

・アーモンドプードル・・・55g

・バニラオイルorラム酒・・・適量


・塗り卵・・・適量



【作り方】

1.常温に戻したバターと粉糖を白っぽくなるまでよく擦り混ぜ、ときほぐした全卵を3回に分けて加えよく混ぜ合わせる。

最後にアーモンドプードル、バニラオイルを加え混ぜる。



2.冷蔵庫で戻しておいたパイシートを18cmの大きさになるように、繋げて伸ばしパイカッターで丸型に2枚くり抜く。

1枚目のパイシートにクレームダマンドを絞り入れる。(生地を被せるため縁から2、3cmは絞らない)

中央に2、3段絞り高さを出し、フェーブを押し入れてから表面をドーム状にならす。




3.パイ生地の縁に水を塗ってからもう1枚のパイ生地を重ね、指で縁を推し、ナイフの背で切り込みを入れる。



4.中心に爪楊枝で穴を開け、ナイフで模様づけをしてから、小さく表面に空気穴を開ける。

表面に塗り卵をしてから、200℃のオーブンで約45分(途中表面が焦げそうな場合はアルミホイルをかけて)焼成。



焼き上がり後、熱いうちに表面にシロップを塗っても良し。



切り分けて、いざ実食!


フェーブを引き当てたのは・・・何と私でした😅

今日は一日王女として、あれこれ家族にお願いしちゃおうかなw

サックサクのパイ生地に、香ばしいクレームダマンドの組み合わせがシンプルながら美味しくて、娘はすごく気に入ってあっという間に2切れぱくり!

皆でワイワイ楽しく美味しい、新年にぴったりのお菓子でした!





TwitterInstagramもやっています🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。