出来立て点心をあれこれお持ち帰り!「ティム・ホー・ワン(添好運/Tim Ho Wan) 日比谷店」



少しずつあれこれ点心系を食べたい時に重宝しているこちら。

「ティム・ホー・ワン(添好運/Tim Ho Wan)」

(前回訪問・テイクアウト記事はこちら→① ②  ③ )

“世界一安いミシュラン星付きレストラン”として日本に2018年に上陸した点心のお店。

日比谷シャンテの別館にあり、いつもは長い行列が出来ている人気店。




この時は5月の緊急事態宣言中でイートインスペースは休止でテイクアウトのみ営業。

店後方テイクアウトコーナーには数名の列が出来ていました。

注文してから場合によっては30分以上待つこともあり。




【テイクアウトメニュー】

店内のものはほぼほぼテイクアウト可能。

昨年訪問時のブログとかを見返していると、メニューによっては¥100程度値上がりしているものも。




大体のメニューは食べたことがあるので、お気に入り品を中心に9品テイクアウト。




「椎茸と白身魚のすり身団子 @580(税込)」

こちらは季節限定メニュー。

椎茸に白身魚のすり身団子が乗せられ蒸してあり、プリッと食感でさっぱり美味しい。




「温菜 @680(税込)」

茹でた青菜に特製醤油をさっとまわしかけて食べる、箸休めにぴったりな一品。





「スペアリブの豆豉蒸し @680(税込)」

一口サイズのスペアリブなので正直食べられる部分はあまりないけれど、骨の周りは旨味たっぷり!




「海老と黄ニラのチョンファン @780(税込)」

毎回頼むお気に入り品。

滑らかな米粉の生地の間には、海老と黄ニラのあんが入りちゅるんと食べやすい。




「鶏足の香港式煮込 アワビソース @580(税込)」

見た目のグロテスクさから敬遠しちゃう人もいるかもだけれど、我が家では娘もハマるお気に入り。

アワビソースがしっかりと染み込んだ鶏足で、ぷるんとコラーゲン補給!





「湯葉巻きオイスターソース蒸し @580(税込)」

野菜とお肉を湯葉で巻き一度揚げてからオイスターソースに絡めてあるので、ヘルシーだけど食べ応えもちゃんとある。




「ベイクドチャーシューバオ @680(税込)」

見た目は小ぶりなメロンパンで3個入り。




周りはまさにメロンパンの味わいで、中には甘じょっぱいチャーシューが。

おやつ的な一品で、甘さとしょっぱさの対比が意外とクセになる。




「塩豚のお粥 ピータンと塩卵入り @580(税込)」

夫と娘にかなり好評だったのがこちらのお粥。

さっぱりとしたお粥の中には塩豚とピータンや卵が入り、良いアクセントになっている。

食欲のない時や二日酔いの翌日など、こういうお粥ならモリモリ食べられそう。




「キンモクセイとクコの実ゼリー @380(税込)」

こちらは家族全員苦手かも〜なデザート。。

しっかりとキンモクセイの香りが口いっぱいに広がり、まるで芳香剤を口にしたよう。

これは好みが分かれるかな〜



めちゃくちゃ美味しい!という感じでもないけれど、お手頃価格で少しずつ色々注文したい我が家には使い勝手が良いお店。

結構ほぼメニュー食べた気がするので、もうちょっとメニュー数が増えたり、季節限定品が出てくれると嬉しいかな。




◆「ティム・ホー・ワン(添好運/Tim Ho Wan) 日比谷店」

・HP:http://timhowan.jp

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13217340/

・住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館1F

(最寄駅:JR山手線「有楽町駅」日比谷口、東京メトロ日比谷線「日比谷駅」A4 / A5出口、東京メトロ千代田線「日比谷駅」A13出口、東京メトロ銀座線・丸ノ内線「銀座駅」C1出口、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」、都営地下鉄三田線「日比谷駅」)

・電話番号:03-6550-8818 ※予約不可

・営業時間:11:00~23:00(LO 22:00)

 ※(【7月12日~9月30日】10:00~20:00 (LO 19:00))

・定休日:年中無休(ただし施設の休館日有り)

・席数:84席



添好運 日比谷店飲茶・点心 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅
テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.4



TwitterInstagramもやっています🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。