世界一安いミシュランの味を自宅で満喫!「ティム・ホー・ワン(添好運/Tim Ho Wan)」


昨年2時間並んでようやくありつけたこちらのお店も、テイクアウトメニューが増えているようだったので利用してみることに。

「ティム・ホー・ワン(添好運/Tim Ho Wan)」

(前回訪問記事はこちら→)

一昨年、日比谷シャンテの別館に“世界一安いミシュラン星付きレストラン”として日本初上陸した点心のお店。

この日は7月半ば過ぎの週末、都内のコロナ感染者数はうなぎ登りながらも店内は依然として満席状態。

といっても、行列人数はだいぶ減り、ソーシャルディスタンスを守りながら、店内も以前ほどのギュウギュウな席間隔ではない模様。



行列の右手にテイクアウト専用窓口がありました。

テイクアウト利用する人も多く、この周辺にはテイクアウト品の出来上がり待ちの人が5、6組はいたかな。



【テイクアウトメニュー】

確か以前はチャーシューバオなど一部のものしかテイクアウト出来なかったけれど、店内メニューのほとんどのものをテイクアウト出来るようになったみたいです。



あれこれ悩んだならセットメニューもあり。

私もあれこれ悩みながら、店員さんにおすすめを聞きながら何とか注文。



待っている間近くのゴジラ像を眺めたり・・・

隣の日比谷シャンテ本館に入っている人気ベーカリー「ル・プチメック 」などで買い物を済ませ待つこと約20分。



受け取って早速自宅でオープン〜

一部やや冷めてしまっているものもあったので温め直して・・・



お皿に移して改めていただきまーす!

結構注文したつもりだったけれど、一品一品量があまり多くはないので、意外とこじんまりとした量に感じる。



「海老の蒸し餃子 @600(税抜)」

これは以前も食べて美味しく、店員さんのおすすめメニューでもあった一品。

皮がモチっと海老がプリッとしていて、何もつけずとも美味しい!



「温レタス @500(税抜)」

意外とこちらのお店野菜メニューが多くないので、選択肢がなくてこれに。

さっと油通ししたレタスで、まぁ普通。



「ポークと海老の焼売 @600(税抜)」

豚肉の旨味と海老の食感、両者がうまいこと調和していて、クコの実のアクセントもなかなか良い。



「大根餅 @500(税抜)」

自宅で作るとなかなかこうはいかないお店の大根餅。

細切りの大根の食感や味わいは残しつつ、もっちりとしていて桜海老の風味がこれまた良い。



「鶏足の香港式煮込 アワビソース @600(税抜)」

人によっては絶対受け付けないであろうビジュアルの鶏足ちゃんw

上海生活していた時はちょくちょく食べていたので私は全然抵抗がなく、夫や娘もさほど躊躇なくかぶりついていたので良かった😊

アワビソースがしっかりと染み込んだ鶏足は、コラーゲンたっぷりで女性の強い味方。



「海老とニラのチョンファン @700(税抜)」

これも点心では外せない一品。

米粉製のクレープ状の皮で具材を巻いて蒸しあげた、ぷるもち食感がクセになる料理。

気付けば今回海老系ばかりになっていたw



「蓮の葉ちまき @800(税抜)」

ご飯ものはちまきに。



中には鶏肉や豚肉、椎茸やうずらの卵など具材がごろごろ。

甘じょっぱい味付けのちまきはもちもちしていて、大人も子供も好きな味!

 

もうあと2、3品くらいは食べられそうだったので、次回またテイクアウト利用してみようかな。



◆「ティム・ホー・ワン(添好運/Tim Ho Wan)」

・HP:http://timhowan.jp

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13217340/

・住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館1F

(最寄駅:JR山手線「有楽町駅」日比谷口、東京メトロ日比谷線「日比谷駅」A4 / A5出口、東京メトロ千代田線「日比谷駅」A13出口、東京メトロ銀座線・丸ノ内線「銀座駅」C1出口、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」、都営地下鉄三田線「日比谷駅」)

・電話番号:03-6550-8818 ※予約不可。

・営業時間:11:00~23:00(LO 22:00)

・定休日:年中無休(ただし施設の休館日有り)

・席数:84席


添好運 日比谷店飲茶・点心 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅
テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.4


TwitterInstagramもやっています☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。