爽やかな甘さが初夏にぴったり!「苺のレアチーズケーキ」

 

こんにちは☘

ブランチの後は昨日作っておいた苺のレアチーズでデザートタイム🍓

昨日のみたらし団子の後に、こちらも娘に手伝ってもらい作成!

最初抹茶レアチーズケーキを作ろうと思って作り始めたものの、冷蔵庫にジャム用にと買っておいたシーズン終わりの安かった苺が眠っているのを思い出して、急遽苺のレアチーズケーキに変更!

完成したらやっぱり苺の方が見た目華があって良かった😊

 

※苺ゼリー分型のサイズと考慮していなかったので、これは後々改良が必要なものの、今回作ってみたものを念のため記載。

【材料】15cm底取れ丸型1台分

(底生地)

・胚芽クラッカー・・・60g

・無塩バター・・・30g


(レアチーズ生地)

・クリームチーズ・・・200g

・グラニュー糖・・・70g

・無糖ヨーグルト・・・80g

・レモン汁・・・10g

・板ゼラチン・・・6g(粉末ゼラチンの場合は、ゼラチン6gに水30gを加えふやかす)


(苺ゼリー)

・苺・・・100g

・グラニュー糖・・・20g

・水・・・50g

・板ゼラチン・・・5g(粉末ゼラチンの場合、ゼラチン5gに25gの水を加えふやかす)

 

(飾り)

・苺

・ブルーベリー

 
 

【作り方】

(下準備)

・板ゼラチンを適度な大きさにカットし、氷水につけておく。

・クリームチーズを常温に出しておくか、軽くレンジにかけ柔らかくしておく。


1.ジップロックなどの袋にクラッカーを入れ、麺棒などで細かく砕き、レンジにかけ溶かしたバターを加えてよく混ぜる。


2.型の底に丸く切り抜いたオーブンペーパーを敷き、バターと合わせたクラッカーを敷き詰めスプーンなどで平らにする。

その上から均等に2つにカットした苺を貼り並べ、ラップをかけ冷蔵庫に入れておく。

 

3.柔らかくしておいたクリームチーズにグラニュー糖を加えよく混ぜる。

 

4.3のボウルにヨーグルトを加えよく混ぜる。


5.氷水につけておいた板ゼラチンの水気を軽く絞り、レンジ(600wで約15〜20秒)にかけて溶かす。


6.4の生地を一部ゼラチンに加えて混ぜた後、全体に合わせて混ぜる。


7.生クリームを6分立てにし、6のボウルに合わせ、クラッカーを敷き詰めた型に流し入れる。

※本当はこの上は苺を飾るだけにしようと思っていたので、型ギリギリまで生地入れちゃってます💦

この後急遽、苺のゼリーを上に流し入れることにしたので、完全にレアチーズ生地が固まってから型を外し、周りにムースフィルムを巻いて高さを作り苺ゼリーを流しました!


(苺ゼリー)※写真撮り忘れ💦

1.水洗いしてヘタを取った苺にグラニュー糖をかけ30分ほど置き、軽くラップをかけてレンジ(600wで約1分30秒〜2分)にかける。


2.1をハンドブレンダーにかけて細かくする。(粗越し食感が好きな場合はフォークなどで潰すのもOK)


3.2と分量の水と合わせレンジにかけ(600wで約1分)、水気を絞った板ゼラチンを加え混ぜる。


4.粗熱が取れたらレモン汁を加え混ぜてから、冷やし固めてあるレアチーズ生地の上から流して再度冷蔵庫で冷やす。


5.表面に苺やブルーベリーなどを飾り、ナパージュなどを塗ったりケーキピックを乗せて完成!

ちょっと思いつきで作ったところもあって、今後型に合わせた分量調整などの必要はあれど仕上がりはなかなかで美味しくて良かった!


娘はもちろん、夫もぺろりと平らげていて爽やかな甘みが好評でした!

苺を使ったケーキは見栄えも良いので、アニバーサリーケーキとしても重宝しそう❤️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。