西安名物ビャンビャン麺専門店「秦唐記」

 

週末晩ごはんに夫の希望でビャンビャン麺をデリバリー!

「秦唐記」

中央区新川にあるビャンビャン麺専門店。

ビャンビャン麺とは中国の陝西省で一般的な幅広の麵で、生地をゆでる直前に両手で長く伸ばし、2、3cmの幅に平たく伸ばして成形するもので、上海に住んでいた時は時折西安料理店で食べていたので懐かしい。



「冷菜盛り合わせ @1,580」

牛肉の醤油煮冷菜、蒸し鶏四川風、パクチーサラダ、じゃが芋サラダの四種盛り合わせ。

どれも比較的薄味で辛さは控えめ。



「春巻き(3本) @580」

これはいたって普通の春巻き。



「サラダ三種盛り合わせ @1,180」

セロリサラダ、パクチーサラダ、じゃが芋サラダの盛り合わせ。

なぜ夫はこれも頼んだのか、冷菜盛り合わせの内容と2品もかぶってる。



「油泼biangbiang麺 @1,180」

ゆでた麺の上に唐辛子や刻み葱をかけ、刻みチャーシューなどの具材をのせそれに熱したピーナッツ油などの油をかけて香りを出し、あえて食べる汁なし麺。



店側からの注意書きにもあるように、温かいうちにすぐ混ぜないと麺同士がくっついて悲惨なことに。

ムチっとした麺は日本のひもかわうどんを少し厚めにしたような食感。

酸味や辛味など色々な味と食感が混ざり食べだすと意外と止まらない。



「ジャージャーbiangbiang麺 @1,180」

麺は同じでこちらは甘めの肉味噌がかかったタイプ。

細い麺より食感的にこちらの方が好きかも。

 

それなりに美味しかったけれど、やっぱり麺料理はお店で出来たてを食べた方が良いかな。

コロナが落ち着いたらお店に行ってみようかな。

 

◆「秦唐記」

・HP:http://xi-an-biangbiang.com

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13226129/

・住所:東京都中央区新川1-13-6

(最寄駅:「八丁堀駅」「茅場町駅」徒歩約10分)

・電話番号:03-6280-5899

・営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00

・定休日:年中無休

 

秦唐記中華麺(その他) / 八丁堀駅茅場町駅水天宮前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。