ハロウィンの時期にもぴったり!見た目も可愛い「かぼちゃパン」


【材料】8個分

(生地)

・強力粉・・・200g

・三温糖・・・20g

・塩・・・4g

・バターミルクパウダー(orスキムミルク)・・・6g

・ドライイースト・・・3g

・無塩バター・・・20g

・かぼちゃ(皮を剥き加熱した後、裏ごししたもの)・・・100g

・水・・・約70g(かぼちゃの品種により調整必要)


(あん・トッピング)

・かぼちゃ(皮を剥き加熱した後、裏ごししたもの)・・・150g

・三温糖・・・20g

・牛乳・・・15g

・生クリーム・・・15g


・かぼちゃの種(生のものはパン生地を焼く時に一緒に加熱する)




【作り方】

(かぼちゃあん)

1.パンに練り込み用分も一緒に多めにかぼちゃを加熱し、裏ごししておく。

↑寝起きでパジャマ姿のまま仕事に励む、我が家の裏ごし名人w


2.分量分取り分け、三温糖、牛乳、生クリームを加え、レンジ(600w)で1分加熱する。

3.完全に熱が取れ冷めたら、25gずつ8等分して丸め、乾燥しないようラップをかけておく。



(パン生地)

1.材料を全て加え、ホームベーカリーで一次発酵までおこなう。

2.生地を8等分し丸め、濡れ布巾をかけて20分程度ベンチタイムを取る。



3.生地を麺棒で伸ばし、かぼちゃあんを包む。


4.タコ糸を使い、パン生地にゆるく紐をかけ結び目を下にして35℃程度で30〜40分程度二次発酵させる。



5.170℃に予熱しておいたオーブンを160℃にし、約20分程度焼成する。

(かぼちゃの種が生の場合、一緒にオーブンに入れる)

(焼き色をあまりつけたくないので低温で焼成しているけれど、焼きが足りないと焼き縮みするので、裏面など見て焼き色がつくまで焼くことが必要)


6.焼成後粗熱が取れたら、ハサミでタコ糸を切り外し、かぼちゃの種を乗せて完成!


今回は頂き物の「奥会津金山赤カボチャ」という品種を使ったので、ほっくりと甘く、味も色味も濃く仕上がりました。

見た目も可愛く、これからのハロウィンの時期にプレゼントなどしても喜ばれること請け合いです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な食いしん坊女子(?)です。 食べるのはもちろん、上手ではないですが料理やパン・お菓子作りも研究中です。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。