キュンと甘酸っぱくて後をひく美味しさ「ふんわりレモンケーキ」



ちょくちょくお菓子作りをしているものの、なかなかブログへのアップが追い付かず・・・

最近作ったお菓子の中で、インスタでもTwitterでもイイね!数がグンと跳ねたのが「レモンケーキ」🍋

個人的にも美味しく大好きな焼き菓子で、この為に国産レモンを注文するほどw

「レモンケーキ」は今シーズン何度も作っているものの、今回は「松永製作所」の焼き型を新調したので、以前から持っている型と焼き比べ。




小嶋ルミ先生のレシピにレモンピールなどをプラスして、自分好みに微調整したもの。

【材料】6個取天板×2枚分

(生地)

・全卵・・・2個分(105g程度)

・グラニュー糖・・・115g

・発酵バター・・・80g

・サワークリーム・・・35g

・薄力粉・・・115g

・レモン表皮・・・1個分

・レモンピール・・・50g



(シロップ)

・レモン汁・・・15g

・水・・・30g

・グラニュー糖・・・10g



(アイシング)

・レモン汁・・・17g

・純粉糖・・・130g



(トッピング)

・ピスタチオ(刻み)・・・適量




【作り方】

(生地):下準備

・オーブンを190℃に予熱する。

・型にバターを塗っておく。

・レモン表皮をよく洗い、すりおろしておく。

・薄力粉と純粉糖はそれぞれふるっておく。



1.発酵バターとサワークリームを鍋に入れて溶かす。(生地に加える時は50〜60℃になるようにする)



2.ボウルに卵をほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜ湯煎にかけ40℃程度まで温めて湯煎から外す。



3.ミキサーを高速にし、5分程度を目安に大きく回しながらよく泡立てる。



4.ミキサーを低速にし約2分かけて全体のキメを整える。

5.すりおろしたレモン表皮と、溶かした1を加えホイッパーでよく混ぜ合わせ、ゴムベラに持ち替え大きく底からすくい溶かしバターの残りがないか確かめる。



6.ふるっておいた薄力粉を加え、均一で艶のある生地になるまで全体を60〜70回素早く混ぜ合わせる。



7.最後にレモンピールを加え全体を混ぜる。



8.バターを塗った型の8割程度まで生地を均等に流し入れ、170℃のオーブンで約20〜23分焼成する。




(シロップ)

1.鍋にグラニュー糖と水を入れ沸騰させ溶かし、火からおろし粗熱が取れたらレモン汁を加える。

2.生地が焼けたら型から出し、温かいうちに全面に1のシロップを打ち、室温で30分以上置き乾かす。




(アイシング)

1.レモン汁に粉糖を加えホイッパーで艶が出るまでよく混ぜる。




2.シロップが乾いた生地の表面にスプーンなどでアイシングを分厚くなりすぎないように塗り、乾かないうちに刻んだピスタチオをのせ乾いたら完成!

手前が「松永製作所」のもので、コロンとした丸みと型離れ焼き上がりも最高!

生地はふわっと柔らかでレモンピールが所々に感じられ、表面のアイシングが甘酸っぱくてとっても美味しい〜!




鮮度保持剤を入れ個包装すればある程度は日持ちするので、プレゼントにもぴったり!

夏場でも食べやすく家族や友人にも好評!

発酵バターと国産レモンをまた手に入れて作ろうっと♪



2 件のコメント

  • すごい、、、どこかのお店のものかと思って画像見てました。
    めちゃめちゃ綺麗に作られてますね、食べたい!!

    お菓子作りが上手い人を心から尊敬します。
    素晴らしいです

  • >さくらママさま
    こんにちは!
    嬉しいお言葉ありがとうございます(*^_^*)
    なかなかブログへのアップが追いつかないのですが、焼き菓子が好きでちょくちょく作っていて中でもレモンケーキはマイブームではまっています。
    家族はあまり甘いものを食べないので、ぜひ一緒に消費していただきたいくらいです(^_^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な食いしん坊女子(?)です。 食べるのはもちろん、上手ではないですが料理やパン・お菓子作りも研究中です。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。