一度聞いたら忘れられない響き!二種の看板カレーをお持ち帰り「カレーは飲み物。秋葉原店」

 

楽天ポイントが使えるという理由で上野にある美容院で散髪をしている旦那くん。

帰りがてらお気に入りのお店でテイクアウトしてきたと、送られてきた画像がこちら。

「カレーは飲み物。秋葉原店」

何ともインパクト大な店名のこちらは、日本カレーライフ協会株式会社が運営するカレー専門チェーン店。

都内の山手線沿線を中心に店舗を展開。

店名はおデブタレントの巨匠ウガンダ・トラ氏の名言(?)に由来しているとか。




看板メニューの一つが、本格欧風カレーの「黒い肉カレー」。

黄色と黒の目立つ警戒色でざっくり書かれた味のある看板。。




裏側にはもう一つの名物、インド風辛口カレーの「赤い鶏カレー」の文字。

どちらもお弁当を始めたとかで、旦那くんは喜び勇んで購入してきたらしい。。




入口には夜限定の「カレーナポリタン」なるおしゃれなメニューも。

中国のSNS「Weibo」へも発信して、外国人観光客の集客も。




【カレー弁当の案内】

カレーは2種類から選び、ご飯の量を選択。

トッピングは自動的に、煮卵、福神漬け、ポテトサラダ、オニオンフライが付く。




秋葉原店限定トッピングのガリ豚。

何ともがっつりボリューミーなビジュアル。




店内に入ったらまずは券売機で食券を買うようです。

客席はカウンターのみで、週末の昼過ぎ客層は男性が多いものの、女性もちらほらいたとか。




買ってきたお弁当がこちら!

カレー弁当2種類とトッピングの「ガリ豚」。




まずは4種類のトッピング皿。

真っ赤な福神漬け、クリスピーな食感のオニオンフライ、煮卵半切れ、クリーミーなポテサラ。

店内で食べる場合は、10種類のトッピングから3種類を自由に選べるみたい。




トッピングトレーの下には鮮やかな黄色いサフランライス。

ちなみにライスは中盛り。




カレーは中盛りサイズをそれぞれ購入。

「黒い肉カレー弁当(中盛) @890(税込)」

真っ黒まではいかない、こっくり深い色合いのルゥをまず一口。

あれ?もっとジャンクな味わいを勝手に想像していたのだけれど、思ったよりまろやかでコクのある味わい。

スパイスもそれなりに効いているけれど辛いということはなく、柔らかな牛肉と大根の組み合わせが良くマッチ。




続いてもう一種。

「赤い鶏カレー弁当(中盛) @790(税込)」

トマトと羊肉ミンチがベースのさらさらタイプのカレーで、じっくり柔らかく煮込まれた鶏肉がごろごろ。

こちらの方が若干辛味はあるものの、黒いカレーよりはあっさり。




パンチのあるトッピング。

にんにくが効いた豚バラが乗ると一気にがっつり感増し増し。



ついついカレーをかけた写真を撮り忘れてしまったけれど、こちらのカレーの魅力はトッピングも合わせ食感の変化や味わいの広がりを楽しめる点なのかしら。

そうだとすると、やっぱりお弁当より店内で食べるのがベストかも。

店名から男性が好きそうながっつりB級グルメ感漂い、こういう機会がない限りなかなか自分では入って食べることはなかったと思うので、旦那くんの好みもたまには確認しておかなくては。

(ちなみに旦那くんはグループ店の「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」も好きらしいw)




◆「カレーは飲み物。 秋葉原店」

・HP:http://www.curry-life.co.jp/akihabara_detail.php

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13162793/h

・住所: 東京都台東区台東1-9-4

(最寄駅:JR等各線「秋葉原駅」から徒歩4分)

・電話番号:なし

・営業時間:昼11:00~16:00、夜17:30~21:30

・定休日:年中無休

・席数:カウンター席のみ


カレーは飲み物。 秋葉原店カレーライス / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます!
      「焼きそばは飲み物」なるお店もあるんですね(^_^;)
      ぜひチャレンジしてみたいと思います♫

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な食いしん坊女子(?)です。 食べるのはもちろん、上手ではないですが料理やパン・お菓子作りも研究中です。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。