行列必至の人気インド料理店でランチミールスに開眼!「Dhaba India(ダバインディア)」

 

京橋駅、東京八重洲からもほど近いところにある大人気の南インド料理店

「Dhaba India(ダバインディア)」

 

こちら、これまた人気の銀座にある「カイバル」「グルガオン」と姉妹店としても有名。

インドカレー好きとしてはもちろんこの3店、すでに訪問済なのではあるのですが、この「ダバインディア」のカレーの印象があまりなく忘れてしまっていたので再訪してみました。

 

訪れたのは平日のランチ時。

IMG_2548

11:45位にお店に到着すると、すでに前には7、8人の行列が。

でもランチは回転も速いのと、私が1人客であったため、待ち時間は10分ほどですぐに入店できました。

 

 

店の外にあるランチメニュー

IMG_2550

ランチの種類はA~Dの4種。

私の心はすでに「アレ」に決めております。

 

 

店内の壁は青紫に塗られたちょっぴり幻想的な雰囲気。

この右奥にも席があり、近隣のサラリーマンやOLさん、外人さんなどで賑わっています。

IMG_2557

やや狭いものの、カウンター席も充実しているので1人でも相席の心配はなし。

 

 

席についてからメニューをもう一度おさらい。

IMG_2555

前回は確かBの「3色カレー」をナンで食べたんだっけ。

12時以降に食べられるというDの「ドーサランチ」も気になるなぁ。

 

 

ちなみにこちらが前回食べた時の「3色カレー」

D960A2BA-364D-46A5-90D4-36967E0356A0

その時は結構ナンに重きをおいていたので、ここではナンがそれほどでもかなという記憶しかなくて・・・。

 

 

今回は来る前から注文すると決めていたのがこちら!

IMG_2558

Cの「ランチミールス @1,250」

「ミールス」とは南インドでよく食べられる定食のことのようです。

本日のカレー3種と、サンバルカレー、ラッサムスープ、ライス、バトゥーラ、パパドという贅沢な盛り合わせ。

 

 

本日のカレー3種の中身。

IMG_2559

手前から辛口「マトンひき肉とキャベツ」、マイルド「コリアンダージンガ」、中辛「コフタと白えんどう豆」のカレー。

マトンキーマは、肉々しい旨みと辛みが後をひく美味しさ!

「コリアンダージンガ」とは、パクチーとクリームのグリーンソースに小エビが入ったカレー。パクチーの風味がほのかに香り、クリーミー。ちょっとタイ料理っぽさもある。

「コフタと白えんどう豆」はココナッツソースベースで、豆だんごと豆のホクホクした食感がクセになる。

 

 

 

サンバル、ラッサム、ライスはお代わり自由。

IMG_2561

ライスが平日はバスマティライスではないのが残念。。。

ラッサムは酸味が強く、サンバルはやや苦みがたっていたかな。

バトゥラは揚げたてアツアツ。

 

 

ミールスはこうやって、カレーやスープ、パパドを砕いて混ぜ混ぜして食べるのが醍醐味!

IMG_2562

お~!このごちゃ混ぜ感、いろんな味わいが層をなしてたまりませぬ~w

辛さが欲しい場合は、右側手前の自家製チリソースで調整。

何だかかきこむようにして夢中で食べてしまった。

 

 

今まで「ミールス」は数えるほどしか食べたことがなかったけど、今回この美味しさに改めて開眼!

これからしばらくはまりそうな予感。

そして、やっぱりこちらのお店、カレー美味しいんだと納得。

次回はぜひディナーに訪れたいと思います。

 

 

 

◆「Dhaba India(ダバインディア)」

・HP:http://www.dhabaindia.com/

・食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000506/

・ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/s2v3ykjm0000/

・住所:東京都中央区八重洲2-7-9相模ビル1F

 (最寄駅:東京メトロ銀座線「京橋駅」 5番出口より徒歩1分、JR「東京駅」八重洲出口より徒歩6分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口より徒歩10分)

・電話番号:03-3272-7160

・営業時間:

 (月~金):11:15-15:00(L.O. 14:30)、17:00-23:00(L.O.22:00)
 (土・日・祝):12:00-15:00(L.O. 14:30)、17:00-22:00(L.O. 21:00)

・定休日:無休

・席数:60席、完全禁煙

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »