ミッドタウン日比谷内のフードホールであっさりフォーランチ「VIERNAMESE CYCLO(ベトナミーズ シクロ)」



三連休の初日は、日比谷の日生劇場へバレエ公演「真夏の夜の夢」を見に行ってきました。

親子で楽しめるバレエ公演ということで、途中解説も入ったりしながらでオーケストラの生演奏の中、華麗な踊りを堪能することが出来ました!

娘もだいぶ集中して見ることが出来るようになり、少なからず刺激を受けたようで良かったです。



お腹ぺこぺこ状態で、近場でランチが出来そうなところを探すも三連休ということもあり、人出も多くどこも満席。。。

ランチ難民になりながら、辿り着いたのがミッドタウン日比谷B1の「HIBIYA FOOD HALL」

様々なジャンルのレストランが8店舗入ったおしゃれフードコート。

(以前行った「Mr.FARMER(ミスターファーマー)」などもこの「HIBIYA FOOD HALL」内に入っています)

私と娘は意見が一致して、フォーを食べたくてこちらで注文。

「VIERNAMESE CYCLO(ベトナミーズ シクロ)」

2000年に六本木で創業したお店らしく、今はこの日比谷店のみでの営業のよう。

店内ではもちろん、通路に並べられたテーブルでの飲食も可能。



【ランチメニュー】

フォーやブンなどの麺料理の他、チキンライスなどのご飯ものが中心。



「牛肉のフォー定食 @1,350(税込)」

牛肉フォーとハーフ生春巻き、焼き豚、ジャスミンライス付き。



スープはかなりあっさり薄味で、コクはあまり感じられず。

麺はもう少しもちっと感が残る茹で具合は好みだけど、子供にはこれくらいの柔らかさが食べやすそう。

薄切り牛肉は硬めでややパサつきが気になったかな。。

実際は乗っていなかったけどメニューの写真ではレモンが乗っていたので、ナンプラーやチリソース、レモンなどで味変すればもう少し味にメリハリが出たかも。



定食についてくるハーフサイズの生春巻きと焼き豚。

巻きがあまいさっぱり生春巻きはまぁ良しとして、冷たい焼き豚がいただけない。。。

冷蔵庫から出したてなのか、豚肉の脂が固まり全然美味しくない。

フォーに浮かべたら、柔らか食感で適度に脂も溶け食べることが出来たけど、そのままでの状態で食べるのはちょっとナシかな。



ピーナッツが乗ったジャスミンライス。

硬めに炊かれたご飯は、口に入れるとほのかにジャスミンの香りが広がる。

私はそこまで気にならなかったけれど、娘にはピーナッツ部分が不評で普段ピーナッツは好きで食べるのに、これは外して食べていました。

フォー自体も薄味で、特におかずになるようなものがなかったのでご飯はなくても良かったかも。



娘は即決でこちらに。

「鶏肉のフォー定食 @1,250(税込)」

フォー以外、定食の内容は牛肉のフォーと同じ。



牛肉のフォー同様、こちらもかなりあっさりめ。

娘には食べやすかったようで、一人前ぺろりと平らげました。



フォーはどちらも味にもう少し深みがあると良かったかな。

HPを見るとディナーメニューは、お手頃価格のおつまみ系が色々あるので試してみたいかも!




◆「VIERNAMESE CYCLO(ベトナミーズ シクロ)」

・HP:http://vietnamese-cyclo.com

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13217103/

・住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷地下1階(HIBIYA FOOD HALL内)

(最寄駅:東京メトロ日比谷線「日比谷」駅、千代田線「日比谷」駅直結、都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結、JR山手線、京浜東北線「有楽町」駅徒歩 5 分、東京メトロ有楽町線「有楽町」駅直結徒歩 4 分、東京メトロ丸の内線、日比谷線、銀座線「銀座」駅直結徒歩 5 分)

・電話番号:03-5521-1025

・営業時間:【平日】ランチ 11:00〜17:00、ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:00)
【土・日・祝]ランチ 11:00〜16:00、ディナー 16:00〜23:00(L.O.22:00)

・定休日:施設に準ずる

・席数:44席



ベトナミーズ・シクロベトナム料理 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3



TwitterInstagramもやっています🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。