日本一硬い吉田のうどん!「五葵(いつき)」&ゴーカート遊び「上千葉砂原公園」



学生時代の友達親子と久々に再会。

子供がのびのびと遊べる公園があるとのことで亀有に集合!

亀有駅から徒歩15分ほどの所にある公園、近くは完全に住宅街で飲食店も少なく、特に事前に調べずに来てしまったのでお昼を食べるところを探すのに難航。

近くにうどん屋さんを発見したので行ってみることに。

「五葵(いつき)」

週末のお昼時ということもあってか、お店の前には既に5、6組の行列が!

駅の方に戻るのも面倒なので、並ぶことにしてトータル40分ちょっと。。




店頭に貼られていた紙を見てみると・・・

今月TV番組「モヤさま」の亀有特集で、こちらのお店も出たばかりだったみたい!




こじんまりとした店内はカウンターと畳の座敷席があり、子連れのお客さんも多め。

私達はゆったり座れる座敷席へ。

【メニュー①】

うどん麺は吉田のうどんと讃岐うどんの2種類。

平日だとミニ丼の種類も4種類ある。




【メニュー②】

こちらは平日限定メニュー。

溶岩うどんやマグマうどん気になるなぁ。




並んでいた間に注文を済ませていたので、席に着いてからは比較的早く運ばれてきました。

「冷やしうどん @550(税込) 海老天ぷら @250(税込)」

娘の希望で冷やし讃岐うどんに。

茹でキャベツ、大根おろし、ネギ、わさびは別添えにしてもらいました。

うどんはつるっと喉越しが良く適度にもっちり。

天ぷらはサクサクで海老もプリっとおいしかった模様。




「肉汁けんちんつけうどん @900(税込)」

私は日本一硬いとも言われる「吉田のうどん」をチョイス。




別盛りになった肉けんちん汁。

甘めのおつゆのけんちん汁は野菜がたっぷり。

豚肉の量はやや控えめかな。




やや灰色がかったうどんは見るからにコシが強そう!

讃岐うどんもそこそこコシがあるかなと思っていたのに、そちらを遥かに上回る力強い噛み応え!

もちろん単に硬いだけじゃなく、噛み締める毎に小麦の旨味を感じられこの食感と味がクセになってくる。

けんちん汁が結構優しい味わいだったので、余計にうどんの主張を強く感じられた一品でした。




お腹が満たされた後は、「上千葉砂原公園」に再び戻り遊び再開!

こちらの公園、とにかく乗り物の種類が多く、色々と乗れちゃうので子供達にはとって天国!

自転車、補助付き自転車、足踏み式ゴーカート、三輪車、豆自動車など、乗り物練習中の幼児が沢山来ていました。

娘と息子くんは自転車にゴーカートにとエンドレス状態で、その都度並走する母達は最後ヘロヘロに。。。




とにかく仲良しな2人。

同い年で背格好もちょうど同じくらい、2人とも体を動かすことが大好きなので、とてもウマが合う様子。




この公園の素晴らしいところは、ふれあい動物広場があったり、何とポニーにも無料で乗ることが出来ちゃう!(中学生以下)

今回で3度目となる乗馬に、娘は一切怖がることなく楽しんでお散歩。




公園の周りの銀杏並木はちょうど綺麗に色づいていて見頃。

日が暮れるギリギリまで一緒に遊び、別れ際には名残惜しそうに自然と2人でハグ。

いつまでもこうして仲良しの2人でいて欲しいなぁと思った母達なのでしたw

また近々今度はうちでお菓子作りでもしようね〜♪




◆「五葵(いつき)」

・HP:https://udon-itsuki.com/noodle

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13161758/

・住所:東京都葛飾区西亀有3-20-14

(最寄駅:「亀有駅」から徒歩15分車で5分、「綾瀬駅」から徒歩20分車で7分、「亀有駅」から区役所行きのタウンバス
西亀有3丁目もしくは上千葉砂原公園バス停徒歩3分)

・電話番号:03-6321-5797

・営業時間:11:30~14:30(14:20L.O)、17時30分~21:00(20:30L.O)

・定休日:第1木曜日、第2・第4日曜日(連休の場合は通常営業)、その際の連休明け日、第3・第5木曜日夜、日曜日夜(月曜日連休の際を除く)

・席数:23席(カウンター4席、小上がり16席(4人掛け卓2つ、8人掛け卓1つ))



五葵うどん / 亀有駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4




TwitterInstagramもやっています🍀



TwitterInstagramもやっています🍀






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。