ひねりのある組み合わせが楽しめるベーカリー!「le petitmec HIBIYA(ル・プチメック 日比谷)」

 

「ティム・ホー・ワン」でテイクアウトの出来上がり待ちをしている間に、日比谷シャンテ内のこちらでサクッとお買いもの。

「le petitmec HIBIYA(ル・プチメック 日比谷)」

(前回訪問記事はこちら→① )

京都に本店を構える人気のブーランジェリーで、以前新宿丸井に入っていた東京の店舗がい一昨年の日比谷シャンテのリニューアルに伴い移転オープン。

このコロナ禍ということもあってか、週末でも並ばずスムーズに購入出来ました。



今回購入してきたのはこちら。

帰って気付く、やっぱりハード系が好きだというのを実感できるラインナップw


 

「山椒バゲット @400(税抜)」

今回一番のヒットだったのがこちら!

山椒のペースト?を巻き込んだバゲットは、噛んだ瞬間にふわっと山椒の香りが鼻に抜け、小麦の味、旨味もしっかりと感じられる。

フレンチのお惣菜と合わせて食べたのだけれど、特徴がありながらも突出したクセなどがないので、とても料理が引き立って美味しかった!

 

「オリーブとドライトマトのフーガス @290(税抜)」

オリーブ大好きなのでスルー出来なかった・・・。

グリーンオリーブとドライトマトの塩気がアクセントになって、香ばしくむっちりとした生地がたまらない!



「ラムレーズン入りミルクフランス @230(税抜)」

これまたラムレーズン、ミルクフランス好きとしては外せない一品で、こちらでは必ず購入するテッパン商品。

 

フォカッチャのようなムチっとひきのある生地の間には、たっぷりラムレーズンの入ったミルククリームがサンド。

強過ぎないけれど、ほのかに香るラムとミルキーなクリーム、噛みごたえのある生地のバランスが良い。





「くるみパンのあんバターラムレーズン @350(税抜)」

これまたラムレーズンの文字に引き寄せられて買ってしまったw



帰った頃にはすっかりバターが溶けてしまったけれど、購入時は綺麗な長方形のバターがサンドされていました。

くるみパンにあんバターという間違いのない組み合わせに、ひょっこりと紛れ込んだラムレーズン。

個性のぶつかり合い?と思いきや意外にもうまいこと組み合わさって、気付いたら食べ終わっていたw



「アプリコットとホワイトチョコのパン @240(税抜)」

これまた好きな組み合わせで、中にはセミドライアプリコットと溶けかけたホワイトチョコが隠れんぼ。

アプリコットの酸味と、ホワイトチョコのまろやかな甘さがセミハード系の生地と合わさり、小さめサイズだけれど食べ応えもしっかり!



久々に食べたこちらのパン、やはりどれもハズレのない美味しさ!

毎回もっとデニッシュやサンドイッチなど新しいものに挑戦しようと思いつつ、好きなハード系ばかり走ってしまうので、次回こそは新たな美味しさ開拓するぞ〜♪

 

◆「le petitmec HIBIYA(ル・プチメック 日比谷)」

・HP:http://lepetitmec.com/archives/21805/

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13219670/

・住所:東京都千代田区有楽町 1-2-2 日比谷シャンテ 1F

 (最寄駅:JR「有楽町駅」日比谷口より徒歩約5分、東京メトロ銀座線C1出口より徒歩約5分、東京メトロ「日比谷駅」より徒歩約2分)

・電話番号:03-6811-2203

・営業時間:8:00~20:00(L.O.19:30)

・定休日:日比谷シャンテ休館日に準ずる

・席数:42席

 

ル・プチメック 日比谷店パン / 日比谷駅有楽町駅銀座駅
テイクアウト総合点★★★☆☆ 3.5


TwitterInstagramもやっています☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。