もっちり幅広麺がクセになる!「秦唐記」

 

以前一度デリバリーしたことがある中国西安の麺料理店で、今回はテイクアウトすることに。

「秦唐記」

(前回実食記事はこちら→)

茅場町駅、八丁堀駅からそれぞれ徒歩6、7分、公園の近くにあるこちら。

平日のお昼時は、近隣のオフィスワーカーで賑わっている模様。

中国の陝西省で一般的な幅広の麵「ビャンビャン麺」がメインのお店。

 

【メニュー①】

夏向けの冷たいビャンビャン麺もあり。



【メニュー②】

汁なしの混ぜ麺。

トッピングの追加やミニ丼とのセットも可能。



【メニュー③】

肉味噌がたっぷり乗ったジャージャン麺。



【メニュー④】

トマトと卵を合わせたあんが乗ったトマト麺。



【メニュー⑤】

唐辛子が効いた角切り肉や、ジャージャン麺の具、トマト麺の具が乗った3種の味を一度に楽しめる全盛り!



【メニュー⑥】

酸味の効いたスープが特徴の岐山県の名物麺。



【メニュー⑦】

汁ありのホルモン麺やなんこつ麺もあり。



【メニュー⑧】

辛口のマーラー麺や坦々麺、辛くない白ごま麺など。



今回買ってきたのはこちらの2種。

汁なしタイプと汁ありタイプの2種。



「白ごま麺 @850(税込)」

辛さのない担々麺といった感じで、たっぷりのひき肉と胡麻ベースのスープが特徴的。



芝麻醤の風味豊かでまろやかなスープが、むっちりとした食べ応えのあるビャンビャン麺と絡んで美味しい!

辛さは全くないので子供にも食べやすい。



「全盛り麺 @1,050(税込)」

あれこれ食べたい欲張りさんにはぴったりの、3種の味が楽しめるこちら。

トマトの酸味、唐辛子の辛味、肉味噌の甘味の3種。



まずはそれぞれの味を楽しむも良し、後から全部を混ぜ混ぜするのも良しで、色々な味わいを満喫できる。

 

少しでも時間が経ってしまうと、麺がくっつきやすくなってしまうのが難点だけれど、このもっちりむっちりとした麺の食感は不思議とクセになる。

今度は辛さの効いた麺も食べてみたいな。

 

◆「秦唐記」

・HP:http://xi-an-biangbiang.com

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13226129/

・住所:東京都中央区新川1-13-6

(最寄駅:「八丁堀駅」「茅場町駅」徒歩約10分)

・電話番号:03-6280-5899

・営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00

・定休日:年中無休

 

秦唐記中華麺(その他) / 八丁堀駅茅場町駅水天宮前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

   

TwitterInstagramもやっています☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。