子連れ箱根温泉旅行①(昼食編)「はつ花 新館」

 

新型コロナの影響で、最近は娘を近場の公園くらいしか遊びに連れて行けずの毎日。。。

早く終息して平穏な日常が戻ってきて欲しいものですね。

今ほど事態が深刻になる一ヶ月ほど前に、母と娘と3人で平日に箱根へ一泊温泉旅へ行きました。

(前回箱根旅の様子はこちら→)

 

ロマンスカーに乗り、昼前に箱根湯本駅に到着。

車内は平日といえどもそこそこの混雑。



箱根湯本駅に着いたらまずはお昼!

箱根に来たら定番のお昼処といえばこちら。

「はつ花」

昭和9年創業の自然薯そばの名店。

なんと、水曜日の定休日ではなかったのに臨時休業日でお休み。。。

でも近くにある新館は営業中とのことでそちらへ行ってみることに。



本館から更に歩いて行くこと約5分。

川沿いには河津桜が咲き始めていて、その風景を眺めて歩いているだけで心洗われる。



新館とはいうものの、そこそこ年季の入った建物が見えてきた!

「はつ花 新館」

12時過ぎということもあって、すでに私達より前に10組近い待ちが。。



30分近く待って2階の座敷席へ。

子連れにはゆったりと寛げてありがたい。



【メニュー①】

こちらのお蕎麦は水を使わずに、全て自然薯と卵で打っているのが特徴。



【メニュー②】

お蕎麦以外にはご飯物は天丼、他におつまみが数種。



母は温かいお蕎麦を希望。

「山かけそば(温) @1,000(税込)」

自然薯の山かけがたっぷり入った温かいお蕎麦。



自然薯の粘りが強く風味が良くて、お蕎麦にしっかりと絡む。

お出汁が効いていて温かくほっとする味わい。



単品で天ぷらを注文。

「天ぷらつまみ @1,300(税込)」

さっくさくの衣が歯触り良く、海老天2本、海苔、ししとう、茄子、かぼちゃ、蕎麦を揚げた盛り合わせ。



私は風味と喉越しをしっかりと味わうべくせいろ。

「せいろそば(冷) @1,200(税込)」

自然薯が練りこまれた細めのお蕎麦と、月見とろろ、そばつゆ。



喉越しの良い滑らかなお蕎麦に、もっちりと粘る自然薯が絡みつく。

そばつゆは辛味が控えめのマイルドなタイプで、とろろの風味を邪魔しない。

ずるずるっといくらでも入っちゃう喉越しと美味しさで軽くぺろり。



そば好きの娘も沢山食べることを考慮してそばを追加。

「ざるそば @800(税込)」

残ったとろろにつけてこちらも即完食!

娘はとろろと一緒よりもそば単体で食べる方が好みだった模様。



お腹もしっかりと満たされて、お店を出る頃には更にこんな大行列に!

お天気も良く、美味しい地のものもいただけて幸先の良い旅のスタート!

これからのんびりとバスで宿に向かいます。



◆「はつ花 新館」

・HP:http://hatsuhana.co.jp

・食べログ:https://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141001/14007778/

・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本474-2

(最寄駅:箱根湯本駅より徒歩5分。車の場合は厚木小田原線、風祭インターから国道1号線を箱根方面に向かい10分ほど。)

・電話番号:0460-85-5555

・営業時間:10:00~19:00

・定休日:木曜日

※営業時間・定休日は変更となる場合がある為、来店前に店舗に要確認。

・席数:75席


はつ花 新館そば(蕎麦) / 箱根湯本駅塔ノ沢駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な食いしん坊女子(?)です。 食べるのはもちろん、上手ではないですが料理やパン・お菓子作りも研究中です。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。