ひな祭りにもぴったり!「道明寺桜もち」


ひな祭りも近いということで、道明寺タイプの桜もちを作ってみました。

塩漬けの桜の葉と花の風味がたまらない、もっちり簡単桜もち。



【材料】5個分

・道明寺粉・・・100g

・ぬるま湯・・・160g

・グラニュー糖・・・25g

・塩・・・少々

・粒あん・・・100g

・桜の葉・・・5枚

・桜の花の塩漬け・・・5個分



【作り方】

(下準備)

・桜の葉と花の塩漬けは水に15分ほど浸し塩抜きして、水で洗い水気を取っておく。


1.耐熱性のボウルにぬるま湯、グラニュー糖、塩を入れよく混ぜ溶かし、そこへ道明寺粉を加え混ぜる。


2.ボウルに軽くラップをかけ600wのレンジで5分加熱し、そのまま15分村しておく。


3.2の生地を5分割し、20gずつ分割して丸めた粒あんを包む。


4.塩抜きして水気を切った桜の葉で包み、桜の花を乗せたら完成!


見た目も華やかでひな祭りやお花見にもぜひどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な食いしん坊女子(?)です。 食べるのはもちろん、上手ではないですが料理やパン・お菓子作りも研究中です。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。