「混ぜるだけ簡単!滑らか絶品NY チーズケーキ」

近頃、外が雨の日は娘っ子と一緒にお菓子作りをよくするように。

今はお手伝い(特に料理やお菓子作り、パン作り)をやりたいやりたい時期全開なので、彼女も作れることが嬉しい模様。

よく作るのは簡単なクッキーやチーズケーキ、ピザなど。

今回は混ぜるだけで、スフレのような泡立ても必要ない簡単タイプを備忘録として。

 

【NYチーズケーキ】

【材料】丸型15cm(共底タイプ)

(底生地)

・ビスケット(市販のマリーなど(グラハムタイプなら尚良し))・・・80g

・無塩バター・・・35g

・レーズン(またはラムレーズン)・・・適量

 

(チーズケーキ生地)

・クリームチーズ・・・200g

・グラニュー糖・・・65g

・サワークリーム・・・100g

・全卵(Mサイズ程度)・・・1個

・生クリーム・・・75ml

・コーンスターチ・・・15g

・バニラペースト(またはバニラオイル)・・・少々

・レモン汁・・・10ml

 



【作り方】工程写真は今回も撮り忘れ。。。

(準備)

・型にオーブンシートなどをカットして敷いておく。

・クリームチーズ、サワークリーム、卵、生クリームなどは冷蔵庫から出して常温状態にしておく。

・オーブンを180℃に予熱しておく。

 

1.底生地を作る。ビスケットをジップロックなどに入れ麺棒でたたき細かく砕き、溶かしたバターを加え型にギュギュッとしっかりと敷き詰め、上からレーズンを散らしラップをして冷蔵庫で冷やし固めておく。

2.クリームチーズを滑らかになるまでよく混ぜ(固いようならレンジで軽く温める)、グラニュー糖、全卵、生クリーム、コーンスターチを順々に入れ混ぜ合わせる。

3.バニラペーストとレモン汁を加え混ぜる。

4.お湯を張った天板に型を置き、予熱したオーブンで180℃で20分、150℃に温度を下げ更に20分焼成する。

5.焼成後、粗熱が取れたら型のまま冷蔵庫で冷やし、半日から一晩経ってから食べると美しい!

【感想】

以前オレオを底生地に使った「ベイクドチーズケーキ」を作ったけれど、こちらの方がより好みかも。

ビスケットを麺棒で砕いたり、生地を混ぜたりと娘っ子も大活躍!

親子で楽しいお菓子作り時間となりました♫

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です