東京の店舗は12/13がお得!母の故郷の味「桂花ラーメン 新幹線口店」

  

ごく個人的なことながら、このブログを書いているWordPressをアップグレードしたら投稿エディターが変わり、PC音痴の私には勝手がわからず四苦八苦。

ただでさえ記事投稿に手こずっているのに、慣れるまでしばらくは時間がかかりそう。。。

 

という愚痴はさておき、熊本法事旅の続き。

最終日は飛行機を夕方の便にしていたので少し時間に余裕がありランチへ。

宿泊していたのは熊本駅すぐの「JR九州ホテル熊本」だったので、こちらも熊本駅に隣接している土産&食事処の「肥後よかモン市場」内をうろうろ。


肥後よかモン市場

お土産物店や飲食店、100均やコンビニ、薬局まで入っているのでとっても便利。

 


ランチに選んだのは、熊本生まれの母が大好きな思い出の味を食べに。

「桂花ラーメン 新幹線口店」

昭和30年創業の熊本ラーメンの老舗。

東京にも出店しており、20年近く前に新宿で母と一緒に食べた時以来、私は2回目。 
 

  

【メニュー①】

ベーシックな豚骨ラーメンの「桂花ラーメン」や一番人気の豚の角煮が入った「太肉麺」など。

 

【メニュー②】

チャーハンやカレーとのセットメニューや、餃子なども。

 


母は基本のこちらを注文。

「桂花(ケイカ)ラーメン @680(税抜)」

中太・固めのストレート麺(茹で具合は変更可能)と豚骨鶏がら白湯にマー油をプラス。

鶏白湯のお陰で豚骨特有の臭みは感じず、マー油との相乗効果でコクはしっかり。

具材は自家製叉焼・味付玉子・メンマ・茎ワカメ・わけぎ。

  
  


卓上に置かれた調味料類。

  

        

ラーメンのタレはスープの調整に、ゆずポン酢は餃子のタレとして。

     
 
     

私は一番人気のこちらを。

「太肉麺(ターローメン) @910(税抜)

桂花ラーメンとベースは同じで、たっぷりのキャベツと大きな豚の三枚肉を使った角煮が入りボリューミー。

  


中太固めの麺は、コクのあるスープをしっかり纏って喉越し良好。

生のキャベツは軽く茹でてもらうことも出来るので、娘っ子が食べやすいよう茹でてもらい、こってりとした角煮の合間に食べるのにぴったり。

   



ほろほろとろ〜り柔らかな角煮は口に入れた途端溶けて無くなっちゃう。

 


壁にはこんな張り紙が。

東京に出店して50周年を記念し、東京全店で12月13日(木)限定で、桂花ラーメンを500円で提供されるんだとか。

 



〜おまけ〜

「肥後よかモン市場」内のお土産屋前にあるフォトスポットでくまモンとパチリ。

 



私も子供の時からお世話になっている母の親友から、くまモンリュックや色々プレゼントをもらい喜ぶ娘っ子。

 

慌ただしい2泊3日の法事旅だったけれど、お天気にも恵まれ、一周忌法要も無事に済み、祖母や祖父のお墓参りも行けて本当に良かった。




  

◆「桂花ラーメン 新幹線口店」

・HP:http://keika-raumen.co.jp/index.html

・食べログ:https://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43007258/

・住所:熊本県熊本市西区春日三丁目15-1

 

 (最寄駅:「熊本駅」新幹線口すぐ)

・電話番号:096-355-7288

・営業時間:11:00 ~23:00(L.O.22:30)

      【月~木・日】:10:30~18:30(L・O)
      【金・土】:10:30~19:00(L・O)

・定休日:無休

・席数:24席

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とにかく美味しいものを食べてるときが一番幸せ!な生粋の食いしん坊です。 食べるのはもちろん、料理やパン・お菓子作りも好きです。 育児中なので、赤ちゃん連れや子供連れでも行けるお店もこれから開拓していきたいです。 ゆるゆるっと「食」日記を続けていければと思っています。