NY発の老舗ベーカリーで人気の新食感クロワッサン「THE CITY BAKERY(ザ・シティ・ベーカリー )東急プラザ銀座店」

 

東急プラザ銀座のオープン以来、そのうち入ろうと思いながらなかなか来れていなかったベーカリー&カフェ。

食事後に通りかかったので、今回はパンのテイクアウトのみに。

 

「THE CITY BAKERY(ザ・シティ・ベーカリー )東急プラザ銀座店」

NY発の老舗ベーカリーで、日本には2013年に世界初出店したのを皮切りに国内4店舗目がこちらの東急プラザ銀座店。

 

 

レジ前の冷蔵ショーケース内にはサンドイッチやデリ、ケーキなどが並んでいます。

隣にはカフェが併設されていて、そちらでは朝7時半から注文出来るモーニングメニューや、ランチはエッグベネディクトやハンバーガーなどが楽しめるようです。

 

 

ベーカリーコーナーには見た目素朴なアメリカンブレッドの数々。

ハード系のパンは少なく、スコーンやマフィンなど全体的に茶色w

一個当たりの大きさもなかなかのもの。

 

 

看板商品の「プレッツェルクロワッサン」がずらっと。

調理パン系ではハンバーガーなども。

 

 

今回はどんなテイストなのか様子見でパンを3種類お買い上げ。

「プレッツェルクロワッサン @310(税抜)」

「THE CITY BAKERY」の代名詞とも言えるアイテムがこの「プレッツェルクロワッサン」

 

 

カット断面

プレッツェルとクロワッサンの組み合わせ、さて如何なものかとぱくり。

翌日にリベイクしたせいもあってか、パリパリっとしたクロワッサンの特徴は抑え気味でどっしりむっちりとした生地の食感にちょっと驚いた。

塩味が効いていて、プレッツェルともクロワッサンともまた違う食べ心地に不思議な感覚。

 

 

「コーンブレッド @260(税抜)」

コーングリッツをたっぷり使用した焼き色綺麗な一品。

 

 

カット断面

粗挽きのコーングリッツの食感が面白く、かじるとほろほろっと崩れていく。

焼き菓子のような見た目に違わず、甘さもありしっとりとマドレーヌっぽい。

3品の中では一番好みだったけれど、包装してあった紙袋の油染みが結構高カロリーなのかも。

 

 

「ハニーレーズンスコーン @340(税抜)」

蜂蜜とレーズンを生地に練りこんだごろっとスコーン。

 

 

カット断面

ぎっしりとめの詰まった生地は、意外に食べやすく甘さも穏やか。

ただ丸々1個食べるとかなりの満腹感。

 

 

全体的にどしっとくる生地でボリュームもありとってもアメリカンな感じだったかな。

プレッツェルクロワッサンはぜひ焼きたてを食べてみたいところ。

それから早めの時間に行ってモーニングを味わってみるのもいいね。

 

 

 

◆「THE CITY BAKERY(ザ・シティ・ベーカリー )東急プラザ銀座店」

・HP:http://thecitybakery.jp/shop/

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13193897/

・住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座B2F

 (最寄駅:東京メトロ銀座線丸の内線日比谷線「銀座駅」C2C3出口地下直結、JR山手線「有楽町駅」から徒歩約8分)

・電話番号:03-6264-5201

・営業時間:7:30-22:00

・定休日:不定休(東急プラザ銀座店に準ずる)

・席数:55席

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です