フレンチの神監修!伝統とモダンが融合する絶品ケーキ「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内ブリックスクエア店」

 

さしてめでたくもないですが、先日自身の誕生日を迎えたその日の夜。

いつも深夜帰宅の旦那くんが珍しく19時に帰宅。

そしてその手にはケーキ&シャンパン!(←私はお酒をまだ解禁していないので、旦那くん自分で飲む用ですがw)

朝起きた時はすっかり誕生日のことなんて忘れていたみたいなのに、ちゃんとこうして気にかけてくれてるとは・・・(´;ω;`)

買って来てくれたケーキはこちら!

 

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内ブリックスクエア店」

ミシュランの三ツ星レストランを手がける、ジョエル・ロブション氏監修のパティスリー&ブ ランジェリー 。

 

我が家はケーキを食べるのはほぼ私1人なので、ホールではなく色々楽しめるようプティガトーにしてくれました♪

ロブションのケーキ、以前六本木の「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」でランチした時にデザートを少し口にした位だったので、ちゃんと食べることができて嬉しい~!!

 

 

 

「ココエキゾチック @561」

トロピカル感漂う夏の新商品。

 

 

真っ白なココナッツのムースの中には、マンゴーとパッションフルーツのジュレが。

各素材がきちんと主張しながらも、バランス良くまとまって初夏にぴったりなさわやかな味わい。

 

 

「ルージュ @583」

真っ赤なハートが魅惑的!

こんな素敵なケーキを旦那くんがチョイスしたことにちょっと驚きw

 

 

ミルクチョコレートのムースの中には、ピスタチオのブリュレとグリオットの コンフィを閉じ込めて。

周りのフランボワーズの酸味がほど良く全体を引き締めて、計算されたその口どけと味の奥行きにノックダウン。

 

 

「モンブラン @561」

美しくそそり立つ雪山。

季節問わず食べられるのはありがたい~

 

 

一口食べて口に広がるラム酒の芳醇な香り。

下からサクサク食感のフィヤンティーヌ、ジョコンド生地、マロンの刻み、マロンムース、ラム酒ムース、絞りはマロンクリーム。

マロンの美味しさを最大限に生かした、高級感溢れる大人なモンブラン。

 

 

「タルトミルティーユ @594」

今が旬なフレッシュブルーベリータルト。

 

 

サクサクタルトにピスタチオ入り?ダマンド生地、カスタードはほんの少しで十分なくらいブルーベリーが新鮮で甘い!

ぷちっと弾ける瑞々しい果実が主役の、この時期ならではのタルト。

 

 

ついでにクロワッサンも買って来てくれた~♡

「クロワッサン @259」(1個あたり)

焼きは弱めなのかやや白っぽいお姿。

 

 

 

発酵バターの風味と粉の旨みがしっかりと感じられ、周りはハラっと中はしっとり。

ここ最近食べたクロワッサンの中で一番好み!

 

 

~おまけ~

これはロブションのものではなく、「シーキューブ -C3-」のもので、母親がわざわざ買って自宅まで届けてくれました~!

自分の誕生日くらいは夕飯作らなくてもいいようにと、夕飯のおかずまで買ってきれてありがた過ぎる(>_<)

 

 

誕生日だからという理由を付けて、これらのケーキのほとんどを私1人でいただきましたw

だんだんと歳を重ねることを素直に喜べなくなってきているけれど、こうして祝ってくれる家族がいて、元気でいられるということに心から感謝しないといけないなと改めて実感。

当たり前ではない毎日を、1日1日大事に丁寧に生活していかねば!

 

 

 

◆「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内ブリックスクエア店」

・HP:http://www.robuchon.jp/laboutique

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13096409/

・住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F

 (最寄駅:JR「東京駅」八重洲口から徒歩5分、国際フォーラム側の出口から徒歩3分、JR「有楽町駅」国際フォーラム側出口から徒歩4分)

・電話番号:03-3217-2877

・営業時間:11:00~21:00(カフェのみラストオーダー有:フード20:00 / ドリンク20:30L.O)

・定休日:無休

・席数:25席(カウンター5席、テーブル15席)

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »