独創性のあるこだわりの人気パティスリー「HIDEMI SUGINO(イデミスギノ)」

 

旦那くんの仕事先への差し入れ品の購入を頼まれて買い物へ。

デパ地下でありきたりな物を購入するのも何だかなぁと思い、久々にこちらへ行ってみました。

 

「HIDEMI SUGINO(イデミスギノ)」

IMG_3268

京橋のオフィス街に2002年にオープンした人気実力パティスリー。

シェフパティシエの杉野英実氏は、1991年には洋菓子の世界コンクールでグランプリを受賞したほか、世界のトップパティシエが集まる「ルレ・デセール・インターナショナル」会員であり、日本を代表するパティシエの1人です。

 

 

オープンした当初は数回来たことがあるものの、今回はかれこれ10年ぶりくらいの再訪。

平日のお昼時に行ってみると、店内はイートイン目当てのお客さんで行列が。

IMG_3270

ギフト用にコンフィチュールなどの詰め合わせも。

 

 

ちょうどバレンタイン前だったので、トリュフやパウンドなどのバレンタイン向け商品も並んでました。

IMG_3269

チョコ好きさんにはたまらないかも。

 

 

私の今回のお目当ては焼き菓子たち。

 

IMG_3271

焼き菓子も鮮度にこだわっているので、保存料などを一切使用せず賞味期限は1週間ほど。

自分でチョイスして詰め合わせにしてもらうことにしました。

 

 

ショーケース内の煌びやかな生菓子たち。

IMG_3272

いくつか気になるものもあったけど、こちらのケーキはほとんどが洋酒をたっぷり使ったものが多いので、妊婦としては今回はグッと我慢。

 

 

焼き菓子は1個300円前後。

IMG_3628

箱代と焼き菓子5個で小さい方は2000円弱、大きいピンクの箱の方は、箱代と焼き菓子8個で3000円弱くらい。

 

 

ちなみに中身はこんな感じ。

IMG_3626

こちらは個人の方への差し入れなので、ティータイムに軽くつまめる数量で。

 

 

自分用にもちゃっかりゲット。

IMG_3629

「マドレーヌ・アルディショワ @330」「フィナンシェ・ミエル @300」「プラジュニース @300」

マドレーヌ・アルデショワは、マロンペーストを練りこんだ生地は、ラム酒の風味がしっかり。刻みマロングラッセが良いアクセント。

焦がしバターの香りがたまらないフィナンシェ・ミエルは、はちみつの優しい甘さが効いていて生地はしっとり。

さっくりした食感でしょうがの香りと味わいがしっかり残ったプラジュニース。

 

 

こちらのお店はイートイン限定でしか食べられないケーキもあるので、今度はゆっくり食べに来なくっちゃ。

 

 

 

◆「HIDEMI SUGINO(イデミスギノ)」

・HP:https://www.facebook.com/kyobashihidemisugino?rf=137534596291340

・食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13002285/

・ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/4pcn5zhg0000/

・住所:東京都中央区京橋3-6-17 京橋大栄ビル 1F

 (最寄駅:東京メトロ銀座線「京橋」駅1番出口から徒歩約2分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅7番出口から徒歩約3分、都営浅草線「宝町」駅A3出口から徒歩約2分、JR有楽町駅から徒歩約9分)

・電話番号:03-3538-6780

・営業時間:11:00~19:00(L.O.17:30)

・定休日:日曜、月曜、不定休あり

・席数:24席(テーブル2名席×10、ソファ4名席×1) 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »