絶品ミールスに満腹大満足!!「ERICK SOUTH(エリックサウス)」

 

最近、体がインドカレーばかり欲する。。。

特に「ダバインディア」ではまった「ミールス」がまた食べたくて、食べたくて。

南インド料理の名店としてこちらも名高い八重洲地下街に店舗を構える「ERICK SOUTH(エリックサウス)」

 

こちらのお店、岐阜県に本社のある会社が運営している店舗。

インド人経営かと思いきや、スタッフ全員日本人みたいですね。

保存料や着色料、化学調味料を一切使用せず、伝統的な製法で本物の味を提供することをモットーとしているよう。

IMG_2565

八重洲地下街にあるので、お昼から通しで利用できるのが嬉しい!

週末の昼過ぎに行きましたが、店内は黙々と食べてるお客さんでまだ満席。

 

 

こちらは南インドカレー専門店なので、ナンはなく基本米食の「ミールス」がウリ。

IMG_2566

午後13時以降から選べる「エリックミールス」を目当てにきました。

※「レギュラーミールス」はお好みのカレー1種のところ、「エリックミールス」はお好みのカレー2種にワダ、ウブマも付く盛り沢山でお得な内容。

 

 

基本のミールスが3種類。

オプションもお手頃価格で付けられます。

IMG_2568

ベジタリアンの方も利用しやすい「菜食ミールス」もあり。

 

 

「ミールス」以外にもカレーとライスのセット、「ビリヤニ」もあります。

IMG_2569

ちゃんと高級インド米「バスマティライス」ある!

 

 

この時期の限定メニューがこちら。

IMG_2570

数量限定だという「鱈のミーンモーレー」というのも気になるけど・・・

 

 

お一人様も利用しやすいカウンター中心の店内。

お目当ての「エリックミールス」の解説も興味深く読んでみる。

IMG_2574

カレーが大好きな男の子「たけし君」いい味出してますw

 

 

メニューを一通り眺めるも、初志貫徹。やっぱり「ミールス」!

IMG_2577

「エリックミールス @1,450」

カレーは辛口の「マトンカレー」と「エリックチキンカレー」、本日の菜食カレー「大根のティーヤル」、サンバル、ラッサム、サラダ、ワダ、ウブマ、2種のライス(ターメリック・バスマティ)、パパド。

このモリモリ感、種類沢山で嬉しい~!

それから嬉しいことに、サンバル、ラッサム、ライス(バスマティライスも!!!)お代わり自由♪

 

 

旦那くんも同じ「エリックミールス」をチョイス。

IMG_2579

カレーは中辛の「キーマカレー」と甘口の「バターチキン」でサラダではなくヨーグルトに。

 

 

「ミールス」初心者も安心の、食べ方指南がイラスト入りでちゃんと書かれています。

IMG_2572

とにかくまぜまぜ!が大事ってことだよね。

 

 

テーブルの上には辛味ソース、スパイシーな大根の漬物、キャベツのピクルスが置かれてます。

IMG_2571

お好みでこれらも一緒にトッピングし~の、まぜまぜ。

 

 

カウンターテーブルが満席で、隣の人との距離も近かったので今回はターリの上でちょいとお上品に。

IMG_2581

いや~たまげた、どれもこれもきちんとスパイスと素材の味がいきていてとっても美味しい!!

特に絶品だったのが、大根とスパイスを炒り煮にしてローストココナッツと和えた「大根ティーヤル」と、「サンバル」。

カリっふわ食感のワダもいいね~!

「サンバル」は旦那くんもはまりまくり、2回ほどお代わりしました。

 

 

1皿でこれだけ盛り沢山に色々な種類を楽しめて、且つどれも丁寧で奥深い旨みでどんどん食べれるのが嬉しい。

この値段でこの内容はとってもお得!

こちらは1人でもふらっと食べに来れるし、近いうちにまた必ず行こうっと♪

 

 

 

◆「ERICK SOUTH(エリックサウス)」

・HP:http://www.erickcurry.jp/

・食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13130363/

・ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/84t651s50000/

・住所:東京都中央区八重洲2-1  八重洲地下街中4号 (八重洲地下二番通り)

 (最寄駅:JR上越新幹線東京駅八重洲中央口 徒歩2分)

・電話番号:03-3527-9584

・営業時間: 

 [月~金]:11:00~15:00、15:00~22:00(LO21:30)
 [土・日・祝]:11:00~15:00、15:00~21:30(LO21:00)

・定休日:原則無休

・席数:28席(テーブル4名×2席、カウンタ20席)、完全禁煙

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »