柔らかしっとり白いコッペパン専門店「コメダ謹製 やわらかシロコッペ 八重洲地下街店」



八重洲地下街をウロウロしていたら、「コメダ珈琲店」が展開するコッペパン専門店があったので試しに購入。

「コメダ謹製 やわらかシロコッペ 八重洲地下街店」

店名の通り柔らかく白いコッペパンのテイクアウト専門店。

関東地方を中心に15店舗ほど展開中。





【メニュー】

惣菜系からスイーツ系など季節限定品も含め、店頭には20種類ほどが販売。

お気に入りのコッペパン専門店「吉田パン」などとは異なり、注文を受けてからフィリングをサンドするのではなく、すでにサンドし包装されたものが並んでいます。




購入してきたのはこちらの3種類。

絶対外せない大好きな粒入りピーナッツに、季節限定品と惣菜系から1品ずつ。




袋をオープンしてみると、真っ白というよりは白っぽい生地の一般的なサイズのコッペパンがお目見え。

「ツナたまご @360(税込)」

本当は「鶏そぼろたまご」が気になったのだけれど、辛子ソースが塗ってあるとのことで娘っ子と一緒に食べるのでこちらに。




(中身)

肝心の生地は、うん確かにしっとりめで柔らかだけれど、良くも悪くもフィリングの邪魔をしないというか特徴があまりない感じ。

ツナとたまごの組み合わせも想像通りのお味。





「粒入りピーナッツ @250(税込)」

私にとってコッペパンに一番合うと思っているテッパンフィリング!




(中身)

滑らかでいて粒々とした食感がたまらないピーナッツクリームはやっぱり美味しい。

もうちょっとたっぷりサンドしてくれると嬉しいんだけどな。




「とちおとめ苺ミルククリームホイップ @340(税込)」

スタッフ人気No.1だという季節限定品のこちら。




(中身)

苺クリームはやや人工的な味でねっとりした舌触り。

娘っ子的には一番これがお気に入りだったみたいだけど。。。



全体的に普通というか特徴が薄い印象で、人気のコッペパン専門店の「吉田パン」「iacoupé (イアコッペ)」などと比べると、もうちょっとフィリングにも工夫が欲しいところ。

「コメダ珈琲店」のサンドイッチは久々にまた食べたいな。




◆「コメダ謹製 やわらかシロコッペ 八重洲地下街店」

・HP:http://www.komeda-shirocoppe.jp

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13220720/

・住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街北1号

 (最寄駅:「東京駅」八重洲地下街北口通り・外堀地下1番通りの交差付近)

・電話番号:03-6265-1131

・営業時間:9:00〜21:00

・定休日:不定休 ※八重洲地下街の定休日に準ずる



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です