東京土産の新定番スイーツ?「 PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド) 東京駅店」

 

東京駅構内へ久々に足を踏み入れ、慌ただしく歩く人の流れに、ベビーカーを押す母ちゃんはアワアワ。

さっさと人混みから逃れたいと思いながら、食いしん坊の目は駅弁やらスイーツショップをついつい探してしまう。

そんな中ふと目に留まったのが、以前から気になっていたこちらのお店。

 

「 PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド) 東京駅店」

昨年4月のオープン以来、行列の絶えないバターサンド専門店。

東京駅店を皮切りに、すでに東京ソラマチ、池袋と3店舗を展開。

丸の内南口改札から入るとすぐの南通路端側なのでわかりやすい。

 

 

人気要因の一つでもあるのが、ガラス越しに作る様子が見える点。

プレスバターサンド」を手がける株式会社BAKEは、焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART(ベイク チーズタルト)」なので販売方法は似てるかも。

箱詰めされた商品をただ販売するだけではなく、こうして工房内を丸見えにし、ずらっと焼き上がった黄金色のクッキー生地を並べることによって、フレッシュ感、ライブ感もあり行き交う人々の関心をひく。

 

 

平日の昼過ぎ、4、5人の列が出来ていたもののさほど待たずに購入出来ました。

人気からか購入個数制限まであるみたい。

誰にあげるわけでもなく自宅用なので、私は1箱で充分。

バラ売り1個¥170もあり。

 

 

珍しく怪獣娘っ子が外出先から戻ってもお昼寝から起きないので、母ちゃんのおやつタイム〜

シルバーグレーの箱にビビッドなのテープが貼られており、見た目シンプルでスタイリッシュ!

安っちい土産物感がないのもポイント高い。

 

 

箱のサイドに書かれた単なる商品説明も、デザイン一つで小洒落て見えるのね。

 

 

テープを剥がしてオープン!

「プレスバターサンド(6個入) @1,020(税込)」

お値段も手頃な感じ。

 

 

ちゃんと個包装されているので、ばらまきお土産としてもGOOD!

賞味期限は10日間。

 

 

同梱されているリーフレットには、こだわりの材料や製法について書かれています。

クッキー生地は商品名にもあるように、はさみ焼きしてるんだとか。

 

 

真四角の形で焼き色の濃いクッキー生地は結構な厚み!

 

 

これは冷蔵庫に入れ冷やしてカットしたもの。

ザクザク食感のクッキー生地の間には、たっぷりのフレッシュバタークリームの中心にはとろんと滑らかなバターキャラメルをサンド。

クッキー生地をボックス型にすることによって柔らかなフィリングがはみ出ない工夫がなされているんだとか。

冷やしたもの、常温のもの両方食べてみて、クリームのふわっとした口当たりと美味しさを生かしてバランスが良いのは断然常温状態のもの!

 

 

また自分でリピート買いまでするかは微妙だけど、お土産やプレゼントとしてもらえたらそれは嬉しいかもw

新感覚バターサンドとして、ご自宅や友人への東京土産の一つとしていかがですか?

 

 

 

◆「 PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド) 東京駅店」

・HP:https://buttersand.com

・食べログ:https://s.tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13207325/

・住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内

 (最寄駅:JR東京駅構内南通路)

・電話番号:03-4362-4147

・営業時間:8:00~22:00

 

2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です