赤ちゃん連れにも大人気!銀座三越内で国産新鮮野菜を食べられる「みのる食堂」

 

母と娘っ子と私で銀座三越へお出かけ。

遅めのランチをとるため、9Fに入っているこちらへ。

 

「みのる食堂」

旬の国産野菜を使用した和洋食が楽しめる食堂。

同じフロアに入っている「みのりカフェ」と同じくJA全農が経営母体となっているお店。

いつもランチ時は2店舗とも赤ちゃん連れ、子連れママで賑わっていて1度も利用できずに今回お初。

 

 

店頭に掲げられている、この日使用の直送野菜の産地が書かれているボード。

月替わりでお米も変わるよう。

やっぱり国産というだけで安心感が高まります。

 

 

店内入って正面にはオープンキッチン。

棚には国産ワインや焼酎などのお酒がずらっと。

 

 

ベビーカーは入口脇に停めてから

平日14時過ぎの店内は、赤ちゃん連れのママさん達や年配の女性で賑わってました。

ソファ席はやはり人気で満席状態。

 

 

我々が案内されたのは窓際のテーブル席。

ベビーチェアはベルトなどが付いていないので、目を離さないよう要注意です。

 

 

自宅でお昼を済ませてきた娘っ子はおやつタイム。

最近足癖が悪いです・・・

 

 

【ランチメニュー】

ランチタイムは、メインの定食や丼ぶりにお惣菜とドリンクのセット。

14時過ぎには既に日替わり定食は売切れ。

 

 

【お総菜コーナー】

1人1皿1回のみ、好きなお惣菜を盛り付けられます。

並んでいるお惣菜は、新鮮な国産野菜を使用したサラダや酢の物などが6品ほど。

 

 

盛り付けている途中で、肉じゃがの登場~

ランチタイム終わり方でも新しいお惣菜が追加されるようで嬉しい。

 

 

並びにはレタスや野菜スティック。

シンプルに野菜を味わうにはこれが一番!

 

 

母の盛り付けてきたお惣菜。

本来は1皿しか使用しちゃいけないのに2皿使用しているし、おまけにお子ちゃま用のお皿を使ってる・・・

(ちゃんと言って聞かせました。。。)

 

 

私盛り付けのお惣菜。

お皿が小さいので食い意地張った娘はモリモリに。

出来立ての肉じゃがはホクホクで美味しかったけど、野菜スティックは思ったほど野菜の旨みが感じられず。

 

セットのドリンク。

「自家製ホットジンジャー」

たっぷりの生姜が効いたほのかな甘みの体温まる一杯。

 

 

私が注文したのはこちら。

「豚味噌漬けと彩り野菜のどんぶり @1,630」(お惣菜1皿+ドリンク付き)

豚肉が見えないほど乗った、カブ、茄子、パプリカ、しし唐、ブロッコリーなどの野菜。

 

 

味噌漬けの豚肉が思いのほか塩気が強くて、野菜の甘みも霞んでしまうほど味が濃かったのがやや残念。

身体に良い食事をしているなぁ~という感はあるけど、男性にはやや物足りない量かしら。

 

 

母もどんぶりを。

「旬菜ネギトロ とろろ丼ぶり @1,728」(お惣菜1皿+ドリンク付き)

こちらも盛りはこじんまり。

ネギトロ丼としては普通に美味しいけれど、トッピングの野菜は素揚げしてあるくらいの方が食べやすいかも。

 

 

感想としては値段の割に今一つ野菜の美味しさや、料理の量や質共に満足感に欠けるかなぁというのが正直なところ。

国産野菜の美味しさを広める意味でも、もう少し工夫があると嬉しいなぁ。

 

 

食後は同じフロアから屋外に出られる「銀座テラス」をちょっとお散歩。

テーブルとイスがいくつか並んでいるので、地下でお惣菜を買ったりしてここで食べるのも気持ち良さそう。

 

 

芝生(立ち入り禁止です)の周りには紫陽花など季節の草花が咲き誇っていて、都会のオアシス。

 

右奥には銀座出世地蔵尊と三囲神社銀座摂社もあり、お参りしてから帰りました~

 

 

 

~おまけ~

この時期はあちらこちらで紫陽花を見ることが出来ますね。

銀座の街並みにも色とりどりな紫陽花が咲いていました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆「みのる食堂」

・HP:http://minoriminoru.jp/diner/

・食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13115523/

・住所:東京都中央区銀座4丁目6-16 銀座三越9F 

・電話番号:03-5524-3128

・営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)

・定休日:銀座三越の定休日に準ずる

・席数:80席

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »