赤ちゃん連れ海外旅行in香港⑦広東料理の名店で味わう飲茶ランチ「グランド・ハイアット香港・One Harbour Road(ワン・ハーバーロード)」

 

大雨の中「 Jenny Bakery (ジェニーベーカリー)」でずっしり重たいクッキーを買った後は、一旦ホテルへ戻り娘っ子のお昼ご飯。

まだ雨も降り続いていたので、我々もそのままホテル内でランチをとることに決定!

飲茶を食べたいと思っていたので、向かった先はこちら。

 

「グランド・ハイアット香港・One Harbour Road(ワン・ハーバーロード)」

ホテル8Fにある広東料理の名店。

 

 

レストラン内は吹き抜けの2階構造になっており、席へは入口から階段を降りたところに。

さすがにホテル内のレストランということもあり重厚感はありながらも、変な堅苦しさはないのがありがたい。

 

 

大きな窓ガラスの外にはハーバービューが広がり眺めが良さそう。

(我々は遅い時間に行ったこともあり、階段付近の席しか空いておらず。。。)

席の間隔も広く居心地も良いけれど、昼間といえど店内の暗さがやや気になったかな。

(アフタヌーンティーの時も気になったけど、ここのホテルは全体的に室内暗めなのかしら??)

 

 

先に離乳食を食べさせてきた娘っ子でしたが、ちゃんとハイチェアと取り分け用のお皿を用意してもらいいっちょ前にお座り。

ホテル内日本語を話せるスタッフはほとんどいない中、このレストランには日本語を話せる若い男性スタッフが1人いてやっぱり少し安心しました。

 

 

旦那くんはやっぱり昼間っからぐび~

「青島ビール」

 

 

お茶はここで大好きなジャスミンティーに。

お酢やXO醤などがスタンバイ。

 

 

飲茶を目当てにきたものの、メニューを見ると飲茶の種類は少なめ。

「小籠包」

期待していたスープは少なめだったけれど、熱々お肉はジューシー!

 

 

「蟹蒸焼売」

こちらも蒸し上がったばかりのホクホク。

むっちりと蟹入りあんの旨みが口いっぱいに広がり、いくつでも食べれちゃいそう。

 

 

「叉焼腸粉」

大好物の腸粉!

甘めのチャーシューがとってもマッチしていて、ぷにゅっとした独特の皮の食感がたまらない~!

 

 

「季節の野菜炒め」

別名チャイニーズブロッコリーとも呼ばれる芥藍菜(カイランサイ)。

その名の通り茎はまるでブロッコリーのような食感と味わいで、クセもなく金華ハムの塩気と相まってすごく美味しい!

 

 

「羊肉のパイ」

飲茶で羊肉も珍しいなぁと思いながら、どんなものか初挑戦!

サクっホロホロとしたパイ生地の中には、とろみの付いた羊肉がたっぷり。

どこか新疆料理にも通じるよう味わいで、食べるほどにクセになる一品。

 

 

さてここから主食系やらを攻めていこうかなぁと思った矢先に娘っ子がぐずり始め・・・

持参したベビーせんべい攻撃でも収まらなくなってしまったので、腹7分位であえなく退散。

各料理の値段は失念してしまったけれど、トータルで600HKDくらい。

同じメニュー内に載っていた広東料理はやはりもっと値段はお高めな感じでした。

中華は大人数で色々頼んで食べるのがベストだよね。

今度訪れることがあれば、メインの広東料理をここで味わってみたいかな。

 

 

 

◆「グランド・ハイアット香港・One Harbour Road(ワン・ハーバーロード)」

・HP:https://hongkong.grand.hyatt.com/en/hotel/dining/OneHarbourRoad.html

・住所:7-8/F, Grand Hyatt Hong Kong, 1 Harbour Road, Wan Chai, Hong Kong

 (最寄駅:MTR湾仔駅から徒歩約15分)

・電話番号:852-2584-7722

・営業時間:月~土12:00~14:30(日11:30~)、18:30~22:30

・定休日:無休

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »